m3.com トップ > 臨床ニュース > レキサルティ、アルツハイマー型認知症の行動障害で追加P3

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

レキサルティ、アルツハイマー型認知症の行動障害で追加P3

2017年11月7日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 精神科疾患神経内科疾患投薬に関わる問題

大塚製薬株式会社とデンマーク・H.ルンドベックA/Sは11月1日、「ブレクスピプラゾール」について、アルツハイマー型認知症に伴う行動障害(アジテーション)対象の追加フェーズ3試験実施を決定したと発表した。アルツハイマー型認知症の患者の約50%は、介護者に対する暴言、暴力、錯乱などの行動障害を起こすといわれている。行動障害を含む認知症に関連する症状は、認知機能をより急速に低下させ、介護施設への入居や介護者の負担にも関係する。先に終了した2本のフェーズ3試験では、ブレクスピプラゾールがアジテーション...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞