m3.com トップ > 臨床ニュース > 動脈硬化の進行度、エンドセリン受容体遺伝子の配列の違いが関係

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

動脈硬化の進行度、エンドセリン受容体遺伝子の配列の違いが関係

2017年11月10日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 一般内科疾患循環器疾患

産業技術総合研究所は11月7日、動脈硬化の進行度合いの個人差を長期間追跡した結果、エンドセリン受容体遺伝子の配列の違いが関係することと、習慣的な有酸素性運動による抑制効果を初めて実証したと発表した。この研究は、同研究所人間情報研究部門人間環境インタラクション研究グループの菅原順主任研究員、バイオメディカル研究部門バイオアナリティカル研究グループの野田尚宏研究グループ長、松倉智子研究員らによるもの。研究成果は、米学術雑誌「JournalofAppliedPhysiology」にオンライン掲載されて...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞