m3.com トップ > 臨床ニュース > 乾癬治療でのオテズラの位置づけとは

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

乾癬治療でのオテズラの位置づけとは

2017年11月13日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 皮膚疾患投薬に関わる問題

セルジーン株式会社は11月7日、「オテズラ(R)錠」(一般名:アプレミラスト)に関するメディアセミナーを開催。NTT東日本関東病院皮膚科部長の五十嵐敦之氏が講演した。オテズラは、経口ホスホジエステラーゼ4(PDE4)阻害剤。PDE4は細胞内のサイクリックAMP(cAMP)に特異的なPDEで、主に炎症性細胞に分布している。オテズラは、PDE4を阻害することで細胞内cAMP濃度を上昇させ、IL-17やTNF-α、IL-23などの炎症性サイトカインの産生を制御、また抗炎症性サイトカインの産生を増加させ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞