m3.com トップ > 臨床ニュース > 肝硬度測定可能な超音波診断装置発売

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

肝硬度測定可能な超音波診断装置発売

2017年11月14日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 消化器疾患その他

GEヘルスケア・ジャパン株式会社は11月9日、肝硬度の測定機能であるFibroScanモジュールと超音波診断装置が一体型となった超音波診断装置「LOGIQS8FS」(ロジックエスエイトエフエス)の販売開始を発表した。慢性肝炎は、肝臓に炎症が起きることにより線維化が進行するが、その把握には従来、肝生検が必要とされている。肝生検は患者にとって侵襲的な検査方法であり、肝細胞を採取する場所が限定的な場合は、サンプリングエラー等の課題があった。また、昨今C型肝炎の治療は、直接作用型抗ウイルス薬(DAA)の...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞