m3.com トップ > 臨床ニュース > 脳梗塞急性期患者への自家骨髄幹細胞移植治験を開始

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

脳梗塞急性期患者への自家骨髄幹細胞移植治験を開始

2017年11月15日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 脳神経外科疾患その他

北海道大学病院は11月10日、脳梗塞急性期患者に対する自家骨髄幹細胞直接移植の医師主導治験を4月より開始したことを発表した。この研究は、北海道大学大学院脳神経外科学分野の寳金清博教授らと、富山大学脳神経外科学分野の黒田敏教授を中心とした研究グループによるもの。脳卒中の大部分を占める脳梗塞は、国内で年間約30万人が新たに発症し、その多くが死亡もしくは後遺症を残す。2025年には、後遺症による要介護者が520万人になると推定され、それに伴う社会的負担の増大も考えられることからも、より有効な治療法が求...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞