m3.com トップ > 臨床ニュース > カフェイン中毒対応、活性炭はこう使う【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

カフェイン中毒対応、活性炭はこう使う【研修最前線】 研修最前線 自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」 Vol.31_3

2017年11月24日 研修最前線  カテゴリ: 一般内科疾患一般外科疾患救急

眠気覚ましに手軽なカフェイン製剤だが、習慣的な服用、あるいは極端な服用は中毒リスクと隣り合わせの行為となる。自治医科大学附属さいたま医療センタージュニアレジデント2年目・中村航世氏による症例報告を紹介した研修最前線「総合回診」シリーズ第31弾最終回は、カフェイン中毒に遭遇したときの具体的な対応について。服用1時間以内なら胃洗浄と活性炭投与!中村さて、実際に皆さんがカフェイン中毒症例に遭遇したら、どのような対応を行っていけば良いでしょうか?対処のポイントは(1)吸収阻害、(2)循環不全、(3)排泄...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞