m3.com トップ > 臨床ニュース > 痛い検体採取は「やり方まずい」【時流◆インフル迅速診断】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

痛い検体採取は「やり方まずい」【時流◆インフル迅速診断】 インフルエンザは「診断必須」、感染防止の視点で

インフルエンザウイルスへの感染が疑われる患者には、まず迅速診断キットを用いた検査を行い、診断を確定させた上での抗ウイルス薬の投与がルーティンで行われるが、最近は「地域で流行していて、インフルエンザ様の症状があれば、迅速検査は治療開始に必須ではない」とする意見も少なくない。インフルエンザに迅速検査は必要なのか、そうでないのか。インフルエンザの専門家として知られる廣津医院(川崎市)院長の廣津伸夫氏に、インフルエンザ迅速診断に絡む論点をぶつけた。前後編(取材・まとめ:m3.com編集部・軸丸靖子)検査...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞