m3.com トップ > 臨床ニュース > トルツ、TNF阻害剤効果不十分例にも有効性

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

トルツ、TNF阻害剤効果不十分例にも有効性

2017年11月22日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 皮膚疾患投薬に関わる問題

米イーライリリー・アンド・カンパニーは11月8日、腫瘍壊死因子阻害剤(TNF阻害剤)に対して効果不十分又は忍容性がない活動性関節症性乾癬(PsA)患者に、「トルツ(R)」(一般名:イキセキズマブ)を投与したところ、最大52週にわたり、いずれの投与群でもPsAの徴候および症状の改善が示されたと発表した。この結果は、第3相SPIRIT-P2試験の延長期間で得られた中間解析結果で、米国リウマチ学会(ACR)/米国リウマチ医療関係者協会(ARHP)の年次学術集会において口頭発表された。トルツは、サイトカ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞