m3.com トップ > 臨床ニュース > 公費用紙のない接種希望者、医師の選択肢は?【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

公費用紙のない接種希望者、医師の選択肢は?【研修最前線】 研修最前線 第15回日本病院総合診療医学会学術総会「肺炎球菌感染症と予防」 Vol.1_3

2017年12月4日 研修最前線  カテゴリ: 一般内科疾患感染症

肺炎球菌ワクチンの使い分けを取り上げる本シリーズ、最終回は練習問題。第15回日本病院総合診療医学会学術総会(9月、千葉県浦安市舞浜)教育講演「肺炎球菌感染症はVaccinePreventableDisease(VPD)です――ワクチンで予防できるものは予防しましょう」で演者の獨協医科大学埼玉医療センター総合診療科・松田直人氏が提示した問題を解きながら、23価ワクチンと13価ワクチンについて理解を深める。公費用紙のない69歳のワクチン希望者、適切な説明は?松田ここで練習問題を作ってみました。症例は...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞