m3.com トップ > 臨床ニュース > 国内初のガイドライン登場で問われる慢性便秘症の診かた

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

国内初のガイドライン登場で問われる慢性便秘症の診かた

2017年11月29日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 一般内科疾患消化器疾患精神科疾患産婦人科疾患

マイランEPD合同会社は11月22日、国内で初めての慢性便秘症診療ガイドライン発刊と、「アミティーザ(R)」(一般名:ルビプロストン)の発売から5年を迎えたことを受け、メディアセミナーを開催。横浜市立大学大学院医学研究科肝胆膵消化器病学教室主任教授・診療部長の中島淳氏が講演した。高齢化に伴い、日本では今後、慢性便秘症患者の増加が予想される。同ガイドライン作成に関わった中島氏は、「慢性便秘症は、内科・外科だけでなく、婦人科や泌尿器科、精神科などの非専門医が診療することが多い『診療科横断的疾患』」と...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞