m3.com トップ > 臨床ニュース > 睡眠薬処方見直し、私の原則【時流◆多剤併用・減薬】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

睡眠薬処方見直し、私の原則【時流◆多剤併用・減薬】 国立長寿医療研究センター副院長 荒井秀典氏に聞く-Vol. 2

国立長寿医療研究センターで2016年9月から開始された「ポリファーマシー(多剤併用)削減チーム」の取り組みでは、向精神薬への介入も試みられている。同センター副院長の荒井秀典氏に、向精神薬の薬効別の処方見直しの原則、今後の課題を聞いた。また、荒井氏が理事を務める日本老年医学会では「高齢者糖尿病」「高齢者高血圧」に関するガイドライン(GL)を策定しているが、今後、さらなるGLの発行を予定しているそうだ。(取材・まとめ:m3.com編集部・坂口恵)不眠症、「睡眠環境調整と教育」を優先――今回のポリファ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞