m3.com トップ > 臨床ニュース > 心不全「生前指示」私のタイミング【時流◆高齢者心不全】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

心不全「生前指示」私のタイミング【時流◆高齢者心不全】 榊原記念病院院長・磯部光章氏に聞く-Vol. 3

2017年12月19日 時流  カテゴリ: 一般内科疾患循環器疾患

「心不全」という言葉は比較的多く耳にするが、日本心不全学会前理事長の磯部光章氏(榊原記念病院院長)によると、最近まで明確な定義はなかったそうだ。また、日本心不全学会がまとめた「高齢心不全患者の治療に関するステートメント」(以下、「声明」)では「終末期医療の指針」に関する解説が盛り込まれている。慢性心不全は5年生存率が50%ともいわれ、その予後の悪さはしばしば癌に例えられる。ただ、「癌と違い“悪くなって持ち直す”経過が長期にわたる」と話す磯部氏。声明の最後にも記載された心不全の「アドバンスケアプラ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞