m3.com トップ > 臨床ニュース > ガンマセクレターゼ阻害薬、HCV増殖に必須の蛋白質SPP活性を阻害

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ガンマセクレターゼ阻害薬、HCV増殖に必須の蛋白質SPP活性を阻害

2017年11月30日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 消化器疾患神経内科疾患感染症投薬に関わる問題

大阪大学は11月28日、アルツハイマー病の治療薬として開発されたガンマセクレターゼ阻害薬の中に、C型肝炎ウイルス(HCV)の増殖に必須なシグナルペプチドペプチダーゼ(SPP)の活性を阻害する化合物が含まれていることを明らかにしたと発表した。この研究は、同大微生物病研究所分子ウイルス分野の平野順紀大学院生、岡本徹助教、松浦善治教授らのグループによるもの。研究成果は、「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」に公開されている。HCVは、慢性肝炎、脂肪肝、肝線維化、肝がんといった慢性肝疾患の主要な原因ウイ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞