m3.com トップ > 臨床ニュース > 冷凍焼灼カテの空気塞栓に注意喚起

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

冷凍焼灼カテの空気塞栓に注意喚起 添付文書の改訂も

2017年12月1日 日本不整脈心電学会  カテゴリ: 循環器疾患その他

日本不整脈心電学会はこのほど、メドトロニック社製の冷凍アブレーションカテーテル「FlexCathAdvanceステアラブルシース」の使用に関する「重要なお知らせ」を学会公式サイトに掲載した。これは同機器を使用した手技中の空気混入の恐れを最小化し、空気塞栓のリスクを抑制するための最新の注意事項を知らせるもの。カテーテルの交換を最小限に抑えることや、メドトロニック社が推奨する手順をより明確にすることを目的とし、これを反映した添付文書の改訂も予定している。空気塞栓症は、カテーテルアブレーションなど左心...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞