m3.com トップ > 臨床ニュース > SLE治療、今後は「ステロイド減」へ

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

SLE治療、今後は「ステロイド減」へ

2017年12月6日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: リウマチ皮膚疾患投薬に関わる問題

グラクソ・スミスクライン株式会社は11月28日、「ベンリスタ点滴静注用400mg」、「ベンリスタ皮下注200mgオートインジェクター」、「ベンリスタ皮下注200mgシリンジ」(一般名:ベリムマブ(遺伝子組換え))が9月27日に既存治療で効果不十分な全身性エリテマトーデスの効能・効果で製造販売承認を取得したことを受け、メディアセミナーを開催した。全身性エリテマトーデス(SLE)は、エリテマトーデスで最も一般的にみられる型であり、自己抗体を産生し、体内のほとんど全ての組織に悪影響を与える、慢性の難病...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞