m3.com トップ > 臨床ニュース > 血友病患者の「関節寿命」延伸へ

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

血友病患者の「関節寿命」延伸へ

2017年12月7日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 血液疾患投薬に関わる問題

CSLベーリング株式会社は、血友病Aを適応症とする半減期延長型遺伝子組み換え血液凝固第VIII因子製剤「エイフスチラ(R)」(一般名:ロノクトコグアルファ(遺伝子組換え))を、2017年12月1日に発売した。発売を翌日に控えた11月30日、同社は都内で記者発表会を開催。東京医科大学臨床検査医学分野の天野景裕教授と東京大学医科学研究所附属病院関節外科の竹谷英之講師が講演した。血友病患者で問題となる出血症状。なかでも70~80%を占める関節内出血は、繰り返すにつれ、慢性的に関節が変化し、血友病性関節...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞