m3.com トップ > 臨床ニュース > 「高リスク例は迷わずCT」が気胸診療の基本【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

「高リスク例は迷わずCT」が気胸診療の基本【研修最前線】 研修最前線 自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」 Vol.33_3

2017年12月25日 研修最前線  カテゴリ: 呼吸器疾患救急検査に関わる問題その他

前回は気胸について改めて学んだことに加えて、胸腔ドレナージの適応となる気胸、安全にドレーン挿入ができる部位など、明日の臨床に活用したい話へと展開した。ジュニアレジデント2年目の明畠良太氏の失敗経験に端を発したm3.com研修最前線、自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」シリーズの第33弾最終回は、安全にドレーンを挿入するためのさらなる実践的な話と、本症例のようなケースを防ぐための方策について、上級医とのやり取りを含めて取り上げる。手術開始前後に漏れの確認を明畠良太氏手術の適応となる気胸...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞