m3.com トップ > 臨床ニュース > 呼吸器医が陥りやすいポリファーマシーの落とし穴【時流◆多剤併用・減薬】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

呼吸器医が陥りやすいポリファーマシーの落とし穴【時流◆多剤併用・減薬】 浅草クリニック・内山伸氏に聞く―Vol. 2

2017年12月21日 時流  カテゴリ: 呼吸器疾患投薬に関わる問題その他

多剤併用・多剤処方(ポリファーマシー)の問題点は、各診療科によって微妙に異なるとされる。浅草クリニック(台東区)副院長の内山伸氏は、デバイスを利用する薬が多い呼吸器科では、ポリファーマシー状態になると著しくアドヒアランスが低下するという問題点を挙げた(『呼吸器科ならではのポリファーマシー【時流◆多剤併用・減薬】』参照)。Vol.2では、呼吸器科医がついつい陥ってしまうポリファーマシーの落とし穴について語ってもらった。(取材・文:m3.com編集部・小島領平)「治してあげたい!」が招くポリファーマ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞