m3.com トップ > 臨床ニュース > 休職者の復職ガイダンス2017公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

休職者の復職ガイダンス2017公開 職場支援プログラムなど4項目のRQ設定

医療情報サービス(Minds)はこのほど、科学的根拠に基づく「産業保健における復職ガイダンス2017」を公式サイトで公開した。同ガイダンスは日本産業衛生学会関東地方会が作成。休職者に対する介入として、職場支援プログラムなど4項目についてレビュークエスチョン(RQ)を設定している。日本の休職者数は増加傾向にあり、とくにメンタルヘルス疾患による休職期間の長期化が顕著だ。海外では、患者の健康と安全に働ける状態の最も早期の復職を奨励することが一般的だが、日本では“復職を焦らない風潮”が主治医にも産業医に...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞