m3.com トップ > 臨床ニュース > 腎疾患患者の妊娠:診療GL公開

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

腎疾患患者の妊娠:診療GL公開 CKDの妊娠管理など計25のCQ設定

医療情報サービス(Minds)はこのほど、「腎疾患患者の妊娠:診療ガイドライン(GL)2017」を公式サイトで公開した。同GLは日本腎臓学会が作成。慢性腎臓病(CKD)患者の妊娠管理など4項目に関する計25のクリニカル・クエスチョン(CQ)を設定している。同学会は2007年に「腎疾患患者の妊娠:診療の手引き」を発刊。同手引きは、妊娠を希望する腎疾患患者の対応や妊娠時の管理について原疾患別に記載し、妊娠高血圧症候群などの合併症、妊娠時の食事や使用できる薬物について記載している。しかし、腎機能障害の...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞