m3.com トップ > 臨床ニュース > 糖尿病治療特有の問題を斬る【時流◆多剤併用・減薬】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

糖尿病治療特有の問題を斬る【時流◆多剤併用・減薬】 聖路加国際病院・能登洋氏に聞く―Vol. 1

2017年12月20日 時流  カテゴリ: 一般内科疾患内分泌・代謝疾患

超高齢社会を迎え、診療科を問わず高齢者を診察する機会はよりいっそう増えていくことが予想される。高齢者医療の中で近年、無視できない問題が多剤併用・多剤処方、いわゆるポリファーマシーだ。m3.comの特集「時流◆多剤併用・減薬」では、群星(むりぶし)沖縄臨床研修センター長の徳田安春氏にポリファーマシーの総論を聞いたが(「5剤未満でもポリファーマシー」参照)、さらに一歩踏み込み、各診療科が抱える特有の問題について探っていく。糖尿病診療に関しては、聖路加国際病院内分泌代謝科部長の能登洋氏に話を聞いた。(...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞