m3.com トップ > 臨床ニュース > 医師を押し潰す「処方箋上のポリファーマシー」【時流◆多剤併用・減薬】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

医師を押し潰す「処方箋上のポリファーマシー」【時流◆多剤併用・減薬】 聖路加国際病院・能登洋氏に聞く―Vol. 2

2017年12月22日 時流  カテゴリ: 一般内科疾患内分泌・代謝疾患

m3.comの特集「時流◆多剤併用・減薬」では、多剤併用・多剤処方(ポリファーマシー)について、総論的アプローチとともに、各診療科特有の問題点も追究している。聖路加国際病院内分泌代謝科部長の能登洋氏は、急激に薬剤の種類が増えている糖尿病領域では、患者だけでなく医療者側のポリファーマシーも問題だと提言する。医師を押し潰す「処方箋上のポリファーマシー」とはどんなものなのだろうか――。(取材・文/m3.com編集部・小島領平)経済的な問題にはジェネリックの活用を――糖尿病領域のポリファーマシーで最大の...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞