m3.com トップ > 臨床ニュース > 複合因子H「コクサイ」販売中止で周知

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

複合因子H「コクサイ」販売中止で周知 2018年4月以降は診療報酬算定不可に、PT検査への移行呼びかけ

日本新生児生育医学会はこのほど、血液や血漿中の複合凝固因子を測定する体外診断用医薬品「複合因子・H『コクサイ』3mL分×10/120テスト、同10mL分×10/400テスト」の2018年12月末日での販売中止について、製造販売元のシスメックス株式会社の文書を学会ホームページに掲載した。2018年4月1日以降、ヘパプラスチンテストの診療報酬算定ができなくなることから販売の中止に至った。代替品として、プロトロンビン時間(PT)検査への移行を呼びかけている。同医薬品をめぐっては、ヘパプラスチンテストを...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞