m3.com トップ > 臨床ニュース > アラグリオ発売、膀胱癌を可視化

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

アラグリオ発売、膀胱癌を可視化

2017年12月21日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 一般外科疾患腎・泌尿器疾患検査に関わる問題

中外製薬株式会社は12月18日、光線力学診断用剤「アラグリオ(R)顆粒剤分包1.5g」(一般名:アミノレブリン酸塩酸塩)の販売を12月19日より開始すると発表した。同剤は、SBIホールディングス株式会社の子会社で5-アミノレブリン酸(ALA)を利用した医薬品の研究・開発を行っているSBIファーマ株式会社が開発。「経尿道的膀胱腫瘍切除術時における筋層非浸潤性膀胱がんの可視化」を効能・効果として、2017年9月27日に製造販売承認を取得し、11月22日に薬価基準に収載されていた。アラグリオは、その代...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞