m3.com トップ > 臨床ニュース > 対策型胃内視鏡検診の導入と課題【2017-18年末年始特別企画】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

対策型胃内視鏡検診の導入と課題【2017-18年末年始特別企画】 平澤俊明・がん研有明病院消化器内科副部長

2017年12月26日 2017-18年末年始特別企画  カテゴリ: その他

m3クイズに登場いただいた、がん研有明病院消化器内科副部長の平澤俊明氏に、2017年の注目ニュースについて聞いた。平澤氏が挙げたのは、安倍内閣が掲げる「医療現場での働き方改革」による影響や今後の懸念、自身の専門分野では「対策型胃内視鏡検診の導入」や「人工知能(AI)の医療分野への進出」など。診療の安全性や質を担保しながら新しい制度の導入をどのように受け入れているか、課題が浮き彫りになった。――2017年、個人的に注目、あるいは何らかのインパクトを受けた臨床・研究(1)「医療現場での働き方改革」の...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞