m3.com トップ > 臨床ニュース > 「親子断絶防止法」案に学会声明

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「親子断絶防止法」案に学会声明 子や同居親の安全確保のための議論を

日本児童青年精神医学会はこのほど、「父母の離婚等の後における子と父母との継続的な関係の維持等の促進に関する法律(親子断絶防止法)案に関する声明」を公式ホームページで発表した。同学会は同法案について、別居親が虐待やDVの加害者の場合の配慮についての記載はあるが、現状の内容では実効性が明らかにされておらず、「子どもや同居親の安全・安心を確保できるとは言いがたい」と指摘。子どもの権利を最大限尊重するという理念を基本に、同法案の慎重な議論を求めている。親子断絶防止法案は、2016年12月13日に親子断絶...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞