m3.com トップ > 臨床ニュース > がん細胞のPD-L1発現にDNA 損傷と修復が重要な役割

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

がん細胞のPD-L1発現にDNA 損傷と修復が重要な役割

2017年12月25日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: その他

群馬大学は12月20日、放射線照射によるがん細胞のPD-L1発現にDNA損傷とその修復が重要な役割を果たしていることを世界で初めて明らかにしたと発表した。この研究は、同大大学大学院医学系研究科の柴田淳史研究講師、重粒子線医学推進機構の佐藤浩央助教ら、東京大学、福島県立医科大学、ハーバード大学の研究グループによるもの。研究成果は「NatureCommunications」に公開された。近年、がん治療において、抗PD-1抗体を用いた免疫治療が注目を集めている。しかし、単剤では治療効果が十分ではない場...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞