m3.com トップ > 臨床ニュース > LCAT欠損症の遺伝子治療、脂質代謝の改善示唆

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

LCAT欠損症の遺伝子治療、脂質代謝の改善示唆

2017年12月26日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 内分泌・代謝疾患その他

千葉大学は12月21日、難病「LCAT欠損症」患者を対象に2017年2月に実施した遺伝子治療法の6か月間の観察結果を発表した。この研究は、同大医学部附属病院の糖尿病・代謝・内分泌内科の横手幸太郎教授と岡山大学病院腎臓・糖尿病・内分泌内科の和田淳教授、千葉大学発のバイオベンチャー・セルジェンテック株式会社によるもの。体内で善玉コレステロールを分泌するための酵素「LCAT」が生まれつき備わっていないLCAT欠損症は、過剰なコレステロールが体に溜まることで腎臓の働きが悪くなり、透析に至ることがある遺伝...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞