m3.com トップ > 臨床ニュース > 時計遺伝子「Period」欠損で肝細胞が多倍体化

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

時計遺伝子「Period」欠損で肝細胞が多倍体化

2017年12月27日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 一般内科疾患消化器疾患精神科疾患その他

科学技術振興機構(JST)は12月21日、体内時間を生み出す時計遺伝子Periodが、肝細胞の分裂と増殖に必要であり、この遺伝子がないと増殖シグナルErk1/2が低下し細胞質分裂が失敗、核が大きな巨大細胞となることを明らかにしたと発表した。この研究は、京都大学の趙需文研究員、土居雅夫准教授、フスタ・ジャン・ミッシェル講師、岡村均教授ら、国立国際医療研究センター分子代謝制御研究部の松本道宏部長、大津市民病院病理部の浜田新七部長の研究グループによるもの。研究成果は、国際科学誌「NatureCommu...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞