m3.com トップ > 臨床ニュース > キイトルーダ、尿路上皮癌で適応追加

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

キイトルーダ、尿路上皮癌で適応追加

2017年12月28日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 腎・泌尿器疾患投薬に関わる問題

MSD株式会社は12月25日、ヒト化抗ヒトPD-1モノクローナル抗体(抗PD-1抗体)「キイトルーダ(R)点滴静注20mgおよび100mg」(一般名:ペムブロリズマブ(遺伝子組換え))について、「がん化学療法後に増悪した根治切除不能な尿路上皮がん」に対する効能・効果を追加する国内製造販売承認事項一部変更の承認を取得したと発表した。キイトルーダは、T細胞に主に発現する受容体であるPD-1と、腫瘍細胞に発現するPD-L1およびPD-L2の相互作用を阻害する抗PD-1抗体。PD-1(受容体)に結合して...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞