m3.com トップ > 臨床ニュース > 緑内障で客観的に視神経乳頭形状分類が可能に

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

緑内障で客観的に視神経乳頭形状分類が可能に

2018年1月9日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 眼科疾患

理化学研究所は2017年12月27日、眼底検査装置からの定量値を用いて、緑内障の視神経乳頭形状分類を客観的に行う機械学習モデルを構築したと発表した。この研究は、理研光量子工学研究領域眼疾患クラウド診断融合連携研究チームの秋葉正博チームリーダー、横田秀夫副チームリーダー(同領域画像情報処理研究チームリーダー)、安光州客員研究員、東北大学大学院医学系研究科眼科学教室の中澤徹教授らの共同研究グループによるもの。研究成果は、米科学雑誌「PLOSONE」オンライン版に12月19日付で掲載されている。緑内障...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞