m3.com トップ > 臨床ニュース > 新薬で視力改善も新たな内科的課題【時流◆押さえておきたい糖尿病網膜症】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

新薬で視力改善も新たな内科的課題【時流◆押さえておきたい糖尿病網膜症】 国家公務員共済組合連合会立川病院眼科・佐々木真理子医長の解説-Vol. 2

2018年1月18日 時流  カテゴリ: 内分泌・代謝疾患眼科疾患

糖尿病網膜症の治療を大きく変えたのが、2014年から糖尿病黄斑浮腫への適応が承認された抗VEGF(血管内皮増殖因子)薬だ。VEGFは、糖尿病網膜症を含むさまざまな疾患で病的な血管新生を促す因子。血管透過性を亢進させ、漏出液が網膜内に貯留すると黄斑浮腫となる。黄斑浮腫は糖尿病網膜症による視力障害の最も多い原因である。抗VEGF薬の硝子体内注射が血管透過性を抑制して視力障害を防ぐことが複数のランダム化比較試験で示されている。これまでに、国内では2品目の抗VEGF薬が保険適用を取得。最近では、浮腫の軽...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞