m3.com トップ > 臨床ニュース > 糖尿病網膜症を意識した「脂質」の読み方【時流◆押さえておきたい糖尿病網膜症】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

糖尿病網膜症を意識した「脂質」の読み方【時流◆押さえておきたい糖尿病網膜症】 国家公務員共済組合連合会立川病院眼科・佐々木真理子医長の解説-Vol. 3

2018年1月25日 時流  カテゴリ: 一般内科疾患内分泌・代謝疾患眼科疾患その他

糖尿病合併症の抑制には血糖、血圧、脂質への多因子介入が重要とされている。最近は、脂質に関する知見も集積し、海外の一部の国では糖尿病網膜症の進行抑制に対する適応を取得している脂質異常症治療薬も登場している。糖尿病網膜症の予防や治療の選択肢が増え、予後改善が可能になっている一方で、内科と眼科の連携には大きな課題がある。「早期発見と治療で糖尿病による視力障害の98%は予防可能」と話す国家公務員共済組合連合会立川病院眼科医長の佐々木真理子氏。内科と眼科との連携で得られるメリットについても解説した。(取材...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞