m3.com トップ > 臨床ニュース > 「高齢者は血糖値緩め」眼科の懸念【時流◆押さえておきたい糖尿病網膜症】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

「高齢者は血糖値緩め」眼科の懸念【時流◆押さえておきたい糖尿病網膜症】 国家公務員共済組合連合会立川病院眼科・佐々木真理子医長の解説-Vol. 4

2018年1月30日 時流  カテゴリ: 一般内科疾患内分泌・代謝疾患眼科疾患

3回にわたり紹介してきた【時流◆押さえておきたい糖尿病網膜症】。医学の進歩で、糖尿病網膜症による失明は回避可能となりつつある。一方、網膜症は、糖尿病関連の主な臨床試験では大血管障害や腎機能障害と並んで重要な評価項目とされているにもかかわらず、日本の眼科検診受診率は低く、早期介入の遅れや適切な検診間隔の維持が行われていないといった問題も残されているようだ。国家公務員共済組合連合会立川病院眼科医長の佐々木真理子氏に、視力予後を意識した糖尿病診療の現状や課題を聞いた。最近では、高齢者に認知機能の低下や...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞