m3.com トップ > 臨床ニュース > インフルエンザウイルスが子孫ウイルスに遺伝情報を伝える仕組みを解明

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

インフルエンザウイルスが子孫ウイルスに遺伝情報を伝える仕組みを解明

2018年1月11日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 一般内科疾患感染症

東京大学は1月5日、インフルエンザウイルスが子孫ウイルスに遺伝情報を伝える仕組みを明らかにしたと発表した。この研究は、同大医科学研究所感染・免疫部門ウイルス感染分野の河岡義裕教授、京都大学ウイルス・再生医科学研究所微細構造ウイルス学の野田岳志教授、米国ウィスコンシン大学らの研究グループによるもの。研究成果は、英科学雑誌「NatureCommunications」で公開されている。インフルエンザウイルスは8本のRNAを遺伝情報(ゲノム)として持つ。しかし、8本に分かれたRNAがどのように子孫ウイル...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞