m3.com トップ > 臨床ニュース > 妊娠で高安動脈炎の病態が悪化する理由【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

妊娠で高安動脈炎の病態が悪化する理由【研修最前線】 研修最前線 自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」 Vol.35_2

2018年1月15日 研修最前線  カテゴリ: 循環器疾患産婦人科疾患

大動脈炎症候群(高安動脈炎)の妊娠管理のポイントを学ぶm3.com研修最前線、自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」シリーズ第35弾。ジュニアレジデント2年目の山本祥子氏が最初に提示した1症例目は、術中の低血圧、術後の高血圧が認められるも、血圧管理により改善し、帝王切開後11日目に母児ともに無事退院となった。今回は2例目となる30歳代前半女性の症例を見ていこう。大動脈炎症候群をステロイドで管理していた症例山本祥子氏2例目を紹介します。30歳代前半の女性です。既往歴は症例1と同じく大動脈...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞