m3.com トップ > 臨床ニュース > 高安動脈炎ある妊婦管理のポイント【研修最前線】

臨床ニュース 研修最前線

↓関連ニュースリストへ

高安動脈炎ある妊婦管理のポイント【研修最前線】 研修最前線 自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」 Vol.35_3

2018年1月19日 研修最前線  カテゴリ: 循環器疾患産婦人科疾患

若い女性に多い大動脈炎症候群(高安動脈炎)。妊娠することで病態を悪化させる可能性がある。ジュニアレジデント2年目の山本祥子氏が経験した2症例は出産し、母児ともに無事退院となったが、大動脈炎症候群合併妊娠に遭遇した時の管理のポイントとは何なのか?m3.com研修最前線、自治医科大学附属さいたま医療センター「総合回診」シリーズ第35弾の最終回となる今回は、発表後の上級医のやり取りとともに総括する。本邦ガイドラインには明確な記載なし山本祥子氏(以下、山本)大動脈炎症候群の患者が妊娠すると、(1)妊娠子...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞