m3.com トップ > 臨床ニュース > 凍らせたこんにゃくゼリー誤嚥で窒息

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

凍らせたこんにゃくゼリー誤嚥で窒息 少量ずつかじっていた場合にも窒息のリスク

2018年1月12日 日本小児科学会  カテゴリ: 小児科疾患救急

日本小児科学会は1月9日、凍らせたこんにゃくゼリーの塊を一気に飲み込んだ男児が窒息した事例が報告されているとして、InjuryAlert(傷害速報)で公表した。男児は、凍らせたこんにゃくゼリーを少量ずつかじり、最後に残った塊を一気にのみ込み顔面蒼白となった。母親によってゼリーは吐き出されたが、意識混濁がみられたため救急を要請したという。報告された事例では、男児(2歳5カ月)が凍らせたこんにゃくゼリーを少量ずつかじり、最後に残った塊を一気にのみ込んだところ、急に顔面蒼白となり、母親に抱きついたとい...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞