m3.com トップ > 臨床ニュース > インフル脳症、鑑別妨げるコモンな薬【時流◆インフルエンザと異常行動】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

インフル脳症、鑑別妨げるコモンな薬【時流◆インフルエンザと異常行動】 水口雅・東京大学発達医科学分野母子保健学教授に聞く―Vol. 3

2018年1月31日 時流  カテゴリ: 小児科疾患神経内科疾患感染症救急その他

インフルエンザ罹患時の小児・未成年者の精神神経症状の大部分は一過性で予後良好と考えられているが、実臨床で重要になるのが「脳症」の初期症状との鑑別。東京大学医学部発達医科学教授の水口雅氏は「両者は全く異なる病態だが、ごく早期には痙攣や軽い意識障害など共通した症状があり、その時点での鑑別は難しい」と話す。ハイリスク患者が来院した際の対応のポイントを聞いた。また、日本の小児科で多く処方されている「ある薬」が、脳症の早期診断を妨げる可能性もあるため、水口氏は安易な使用を慎むよう求めている。(取材・まとめ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞