m3.com トップ > 臨床ニュース > 首浮き輪が外れ、7カ月児が溺水

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

首浮き輪が外れ、7カ月児が溺水 正しく装着されていたかは不明

2018年1月17日 日本小児科学会  カテゴリ: 小児科疾患救急

日本小児科学会はこのほど、入浴時に首浮き輪が外れて乳児が溺水した事例が報告されているとして、InjuryAlert(傷害速報)で公表した。事例発生時、浴槽内には首浮き輪を装着した乳児と兄がおり、母親が気付いた時には、乳児に装着していたはずの首浮き輪が外れていた。乳児はうつ伏せ状態で頭部が完全に水面下に浸かり、臀部が水面上に浮いていたという。乳児に正しく首浮き輪が装着されていたかなどは不明だったとしている。双胎の第1子である乳児(7カ月)は、双胎第2子の妹と兄(2歳)、母親の4人で入浴。その後、浴...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞