m3.com トップ > 臨床ニュース > 乳児がクーハンから転落し頭頂骨骨折

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

乳児がクーハンから転落し頭頂骨骨折 母親の肩に掛けたひもが滑りコンクリートに

2018年1月15日 日本小児科学会  カテゴリ: 小児科疾患脳神経外科疾患救急

日本小児科学会はこのほど、4カ月未満程度の乳児を乗せて運べる手提げ式かご「クーハン」の両ひもが母親の肩から滑り落ち、生後12日の乳児がコンクリートの地面に転落した事例が報告されているとして、InjuryAlert(傷害速報)で公表した。クーハンの添付文書には、肩掛けはしないようにとの記載があったが、ひもが長く肩に掛けることが可能だった。乳児は、皮下血腫および左頭頂骨骨折と診断されたという。報告された事例では、身長150cmの母親がクーハンを肩に掛けたまま、玄関のドアを開けようとした際に、クーハン...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞