m3.com トップ > 臨床ニュース > 内山氏が注目した2017年呼吸器論文【2017-18年末年始特別企画】

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

内山氏が注目した2017年呼吸器論文【2017-18年末年始特別企画】 内山伸・浅草クリニック副院長

2018年1月17日 2017-18年末年始特別企画  カテゴリ: 呼吸器疾患

【時流◆多剤併用・減薬】に登場いただいた、浅草クリニック(東京都台東区)副院長で呼吸器専門医の内山伸氏に、2017年の注目ニュースや2018年に向けた抱負などを聞いた。内山氏は、持続陽圧呼吸(CPAP)に関するものと、ARDSに関するものなどを2017年注目の論文に挙げている。――2017年、個人的に注目したニュースノーベル医学生理学賞毎年受賞テーマを見ていて、多くの方が色々な研究をされているなあ、と感心しています。iPS細胞関連山中伸弥教授(京都大)の研究に端を発し、さまざまな病態の解明や治療...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞