m3.com トップ > 臨床ニュース > 据置型デジタル式循環器用X線透視診断装置で一部自主改修

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

据置型デジタル式循環器用X線透視診断装置で一部自主改修 シーメンスヘルスケア「アーティスzee」など

2018年1月17日 医薬品医療機器総合機構  カテゴリ: 循環器疾患その他

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は1月12日、シーメンスヘルスケアの「据置型デジタル式循環器用X線透視診断装置」(商品名:アーティスzee、アーティスQ、アーティスpheno)の自主改修情報(クラスII)を発表した。当該製品のテーブルベースとテーブルトップキャリッジの取り付け方に問題がある可能性が判明したための措置で、改修作業(納入先への情報提供)は同日より実施している。改修対象となったのは、2017年2月‐12月に出荷されたアーティスzee、アーティスQ、アーティスphenoの計16台。当該...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞