m3.com トップ > 臨床ニュース > 漢方薬自己負担引き上げ案に意見表明

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

漢方薬自己負担引き上げ案に意見表明 「漢方薬活用は薬剤費節減につながる」と懸念

2018年1月19日 日本東洋医学会  カテゴリ: 投薬に関わる問題その他

日本東洋医学会はこのほど、内閣府の経済財政諮問会議や財務省の財政制度等審議会財政制度分科会で議論されている漢方薬の自己負担を引き上げる案に対する主張を学会ホームページに掲載した。漢方薬の適正な活用は薬剤費の節減につながり、自己負担を引き上げることで医療費が高騰する可能性が高くなると懸念している。同学会によると、財務省は以前より「漢方薬の保険外し」を表明しており、2009年の「漢方薬の保険外し」問題では、東洋医学会などによる署名活動が行われ、「漢方薬の保険外し」問題は回避されたとしている。しかし、...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞