m3.com トップ > 臨床ニュース > 口腔・咽頭がんの発生リスク、喫煙で最大4.3倍

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

口腔・咽頭がんの発生リスク、喫煙で最大4.3倍

2018年1月29日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 耳鼻咽喉科疾患

国立がん研究センター予防研究グループは1月24日、多目的コホート研究「JPHCStudy」の成果として、40~69歳の男女約9万6,000人を対象とした、喫煙・飲酒と口腔・咽頭がん発生リスクに関する調査結果を発表した。国際がん研究機関(IARC)では、喫煙や飲酒は口腔・咽頭がんの確実なリスクであると報告しているが、日本人を対象とする喫煙、飲酒と口腔・咽頭がん罹患リスクとの関係を検証した大規模な研究はほとんど行われていない。今回、研究グループは、1990年と1993年に、岩手県二戸、秋田県横手、長...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞