m3.com トップ > 臨床ニュース > 抗凝固薬服用中の脳梗塞への超急性期rt-PA静注療法の新たな推奨掲載

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

抗凝固薬服用中の脳梗塞への超急性期rt-PA静注療法の新たな推奨掲載

2018年2月1日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 一般内科疾患循環器疾患神経内科疾患脳神経外科疾患投薬に関わる問題

国立循環器病研究センターは1月29日、「抗凝固療法中患者への脳梗塞急性期再開通治療に関する推奨」の新たな推奨と解説(2017年11月版)の内容の一部を掲載した。この推奨は、国循の豊田一則副院長が作業部会長、脳卒中集中治療科の古賀政利医長、山上宏医長、脳血管内科の宮田敏行シニア研究員(前:研究所病態医科学部門長)らが部会員となり、日本脳卒中学会脳卒中医療向上・社会保険委員会「抗凝固療法中患者への脳梗塞急性期再開通治療に関する推奨」作業部会によって作成されたもの。2017年11月版は、2017年12...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

関連する臨床ニュース

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞