m3.com トップ > 臨床ニュース > ナチュラルキラー細胞が好中球の悪性化を阻害し、がん悪性化を抑制

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

ナチュラルキラー細胞が好中球の悪性化を阻害し、がん悪性化を抑制

2018年2月5日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 

富山大学は1月29日、がん免疫応答におけるナチュラルキラー細胞の新たな機能を解明したと発表した。この研究は、同大和漢医薬学研究所の早川芳弘教授の研究グループによるもの。研究成果は、米科学誌「CancerImmunologyResearch」に掲載された。ナチュラルキラー(NK)細胞は、事前の感作なしにがん細胞を殺すことができる細胞として発見された自然リンパ球の一種。がん細胞やウイルス感染細胞などの排除において重要な役割を担っている。通常、NK細胞はがん細胞を監視し、攻撃することでその増殖を抑制。...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞