m3.com トップ > 臨床ニュース > 女性麻酔科医が自ら経験した無痛分娩の実態

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

女性麻酔科医が自ら経験した無痛分娩の実態 Dr.吉田千寿の無痛分娩体験記Vol. 1

2018年2月6日 ドクター寄稿  カテゴリ: 産婦人科疾患その他

吉田千寿氏初めまして。河北総合病院(東京都)麻酔科の吉田千寿と申します。私は、これまでに2度の出産を経験しました。1度目は普通分娩、2度目は無痛分娩で、幸運にも、母子とも無事に周産期を経過することができました。麻酔によって分娩はどの程度「無痛」になるのでしょうか、人としての尊厳を保ちつつ、笑顔で出産することは可能なのでしょうか。また、現在の日本で、妊婦が出産時の鎮痛を希望する場合に待ち受けている問題とは…。妊婦と麻酔科医の両方の視点から、一連の体験を振り返ってみたいと思います。痛みの例えは「鼻か...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞