m3.com トップ > 臨床ニュース > 胎生期マウスの内耳にヒトiPS細胞由来の細胞を移植

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

胎生期マウスの内耳にヒトiPS細胞由来の細胞を移植

2018年2月6日 QLifePro 医療ニュース  カテゴリ: 耳鼻咽喉科疾患その他

熊本大学は2月1日、ヒトiPS細胞由来の内耳細胞を胎生期マウスの内耳へ移植し、体内で細胞が生着したことを確認し、移植した細胞によってヒト由来の正常なタンパク質をモデルマウスの内耳に発現させることに世界で初めて成功したと発表した。この研究は、熊本総合病院耳鼻咽喉科・頭頸部外科/中耳・内耳手術センターの蓑田涼生センター長、同大耳鼻咽喉科・頭頸部外科教室の竹田大樹医員らと、慶應義塾大学医学部生理学教室の岡野栄之教授らが共同で行ったもの。研究成果は「ScientificReports」に掲載されている。...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞