m3.com トップ > 臨床ニュース > 私の前に立ちはだかった無痛分娩までのハードル

臨床ニュース

↓関連ニュースリストへ

私の前に立ちはだかった無痛分娩までのハードル Dr.吉田千寿の無痛分娩体験記Vol. 2

2018年2月8日 ドクター寄稿  カテゴリ: 産婦人科疾患その他

ハードルその1「家族の同意を得る」昨今のように、無痛分娩に関連する事故の報道が過熱すると、たとえ妊婦が無痛分娩を希望していても、家族の反対に遭って断念せざるを得ないというケースも増えているのではないかと想像します。集中治療医の夫の説得に手こずる私の場合は、同じ医師である夫を説得する必要がありました。夫の専門は集中治療です。想定外に悪い転帰をたどった患者や、不運が重なった患者ばかりを日常的に診ている彼は、物事に対して必要以上に悪い予測をしてしまう傾向にあるのです。例えば、お餅を食べれば喉に詰まって...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

※ニュースソース略称:(NEJM)=New England Journal of Medicine、(JAMA)=Journal of the American Medical Association、(Ann Intern Med)=Annals of Internal Medicine、(BMJ)=British Medical Journal、(Ann Surg)=Annals of Surgery、(共同)=共同通信社、(毎日)=毎日新聞社、(読売)=読売新聞、(朝日)=朝日新聞、(WCR)=WIC REPORT、(日報)=薬事日報、(薬ニュ)=薬事ニュース、(薬新)=薬局新聞